You are in rock

*いしのなかにいる*

定時帰宅

かろうじて8時前に会社を出られた。この季節に珍しく空が明るく感じる。雲の層が白くて薄い、例年ならばこの時期の曇り空とえば、もっと暗黒色で向こうが透けることもないだろうに。暖かいのだ。コートを着てきたが暑いくらいで、これならジャケット出よかったな。車に乗って気温を見たら車外温は11度の表示。夏の頃に見上げた夜空の下では想像も付かない気温の感じ方。まだエアコンはヒーターにしなくてもいい。週末ももうひと頑張りだ、、、雪の心配は当分なさそうでよい。f:id:mzo:20181115212003j:plain

f:id:mzo:20181115212020j:plain

ガチユル走サブ4バージョン!?

昨日のラン×スマにて、ガチユル走のサブ4バージョンが紹介されていました。はてブロランナーの間でも一世を風靡したw、そうあのガチユル走ですよ。再びスマイルランナーの高樹リサさんが登場しました。前回はガチユル走にてフルを完走し、確かタイムが4時間半ちょっとでした。このタイム、実は僕のPBとほぼ同じなわけですが、なんと今回はサブ4を目指す!それもガチユル走にて、気にならないわけがありません。

www4.nhk.or.jp

今回も練習にはロング走はせずに、ガチユル走中心でサブ4を目指すとのこと。それも進化したサブ4バージョンでのガチユル走ということです。これは!非常に参考になるに違いない!!と、思ったのですが、正直、その内容にはショックをうけています^^;それちょっとムリじゃないか?

今回も筑波大学の鍋倉 賢治先生の指導の下番組は進みますが、まず最初にサブ4が可能かどうかのチェック試験がありました。その中味は1というと『12分走』で、12分ガチで走ってどれだけ走れるか、、、その基準が2600mだと(研究での平均値だそうで、年齢、男女差で違いはあったようですが詳細は控えてません^^)。え?12分で2600mということは、、

2600m/12分 = 216.6(分速) = 13(時速)

つまり、 1kmを4分36秒で12分間走る(計算あってるのか???)。いや、それちょっとムリだわw。僕には、12分ならば2000mが限界だ○rz。それでも番組では、ガチユル走サブ4バージョンにとりくんだリサっちは2500mまで上げてきました。スゲー!最初は自分と同じくらいのランナーとタカをくくってたんですが、1kmを4分前半で走る姿は、もう尊敬のまなざしでした。

 さてと、そのガチユル走サブ4バージョンなのですが

A)ガチ1km×2 + ユル8km というのはこれまでと同じ。ですがそれぞれのペースがUPしてるのと、ラスト1kmは5:40というレースペースで走りきる。

B)また坂道対策では、トレッドミル利用で、ガチは傾斜5%にして速度は12(時速)。
そのあとユルは傾斜1%で走ります。

実は、この肝心の練習バージョンのタイムがよく憶えていないです^^;結構キツイ感じでした。

A)はガチを時速11で入ってユルを9くらいでながし、ラストを12にあげる

B)は傾斜5%を時速12で走る。その後1%で9くらいで走る

くらいじゃなかったかな???どなたか正確なところご存じではないでしょうか?