You are in rock

*いしのなかにいる*

番外編:黒部「迷」水マラソン(黒爪)

黒飴なめても黒爪噛むな!、、、なんのこっちゃw

f:id:mzo:20180611214719p:plain

  1. 皆さん黒爪になりますか?
  2. 黒爪の原因ってなんだろ?
  3. 黒詰めの処置どうします?

黒部のマラソンからそろそろ3週間経過する。今回は、ほぼ半分の爪が黒爪かしている。左が3本で右が2本半w。左が親指、中指、薬指。右は中指と薬指だ。そろそろ爪が浮いてきていて、靴下にひっかかる。かなりグラグラしてきている。実際に左の薬指の爪は引っかけちゃって”ぶらん”となったので切り取った。そうなっても痛みはない。

最初に黒爪を起こしたのは、ハーフの大会に出たときだと思う。それまでも練習で20kmくらい走ったりすることあったけど黒爪はならなかった。練習時は大概がLSD・・・医療に携わる者として『LSD』(Lysergsäurediethylamid)ってのはヤバイ単語なんだが、今では第一候補にランニング用語を思い浮かべるようになったw・・・ペースでゆっくり走ってるからだったからだと思う。

まぁ、最初に黒爪かしたときにはドキリとした。痛みはないけど、見た目が半端ない。そのドス黒さに吃驚した。その後、何度かレースを経験するともうあまり気にはならなくなった。最初はなんで?靴があってないのかな?とショップで測定してもらったりもしたし、インソールも変えてみたたり、そう5本指ソックスも使用した。

が。しかし。結局。黒爪になるんでR。

むしろ5本指ソックスの時はシューズのワイズがキツくなって、走ってると指先でなく側面が傷みだした。おまけ黒爪もやっぱり起こる。いろいろネットで調べると、指先に余裕が必要という人もあれば、いや、そうすると足が動いて指がぶつかるからダメ、ピッタシのサイズでないとと言う人もいる。5本指ソックスにしても、いや薄手の普通のがいいとか、こちらも賛否両論。

さて、どうしたものか?と考えてるウチに、まぁ黒爪くん。痛みがあるわけでもなし、出血したりもしないから、ま。いいか!と気にならなくなりました。黒爪になることを受けとめました、、、ランナーの勲章ですねw!

が、最近、黒爪後の処置が悩む。適度に浮いてきたら剥がしたほうが良いのか、グラグラになっても、ブラブラになってもテープで固定しておくべきなのか、、、これも、完全に浮いたら剥がした方がキレイな爪が生えやすいとか、いや保護しておかないとキケンだとか、いろいろある。剥がすな!と言う意見の方が多いようではある。

だけど、僕は、剥がすことにしている。まぁ、自分、結構ボケカスなんで爪が浮いてることを失念しまうのだ。そもそも痛みはないので、2、3週間もすれば完全に忘れている。で、ある日。靴下をはこうとして引っかけてしまい、ベキって直立させてしまう。運が悪い?と付け根の方まで深く剥がれてしまい出血させることもある。なので事前に浮いてるところを切除して引っかからないようにしている。

ホントに、それでいいのかよくわからない。整形の医師に聞いたこともあるけど”無理には剥がさないこと”と言われた。無理に剥がさないというのは自然に剥がれる分には良いことだ。だが、果たして意図せず引っかけて剥がれるのは、無理に剥がさないことになるのか?むしろ、容易に剥がせるものは剥がした方が自然ではないか、、、そう思うことにした。

で、いま爪は中指、薬指はキレイに取り除いた。親指は流石になかなか浮き上がらず。黒いままだ。まるで黒飴のように輝いているのであった。

 

黒部「迷」水マラソン(4)

ずいぶんと間をあけてしまいましたが、早いもので、黒部名水マラソンも、もう1週間前のことになるんですね。すっかり爪が剥がれてしまいましたwww。もう黒爪にはすっかり慣れてしまいましたから、驚きもしません!

 

f:id:mzo:20180604222939p:plain

さて、快調に前半を飛ばし。半分を結構いい感じで折り返したわけです。さぁ!ここからは下りだ。自然とペースもアップ出来るはず。ほら足も自然と前に・・・

あれ?れ?出ない!

足が全然前に出てくれない。呼吸は全然苦しくないし懸案の膝痛もないのに、、、膝痛が出ないのは、今回は、事前に両膝にテーピングしてみた効果だと思います。なのにペースアップができない。足が止まってしまったような感じ。

そのうち、25kmすぎ、30km手前くらいでしょうか大腿の裏側が引き連れるような、なにか筋が張ってるような違和感が出現。それと同時に足を前に出して地面に着地する度にガンガン足底に響きます。脛までガンガン響く!こんな痛い経験は初めてです。

膝はなんともないのに走る衝撃に足が耐えられない感じ。まるで自分の足がハンマーにでもなったようでガンガン!ゴンゴン!ドン!ドン!と路面に振り下ろしては打ち付けてるような感じ。その一歩一歩の衝撃が脳天まで突き抜けるような感じ。足が攣ってるのとも違うのかな?よくわからないけど、耐えられずに、、、とうとう歩いてしまう。

やべ、ダメだ。ムムム・・・

ちきしょう。それでもとにかく一歩一歩前へ、100mほど走っては数歩歩き、その繰り返し。もうこなったらアイスまでは辿りついてみせる!それだけ目指し走る。歩く。走る。歩く、、、

アイス、ゲット!

あとは5kmちょっとだ。ここまで来たら、意地でもたどり着いて見せる!だんだん走れる間隔が短くなって、それでもなんとか前へ、前へ、気持ちは前へ向かうけどいっこうに足は付いてこない感じ。走ってはいても、まるで飾りのような感覚で、前へ出してる感じがしない。なんとか前傾を保つことで自然と前には出てるけど、先ほどの衝撃が一向に治まらない。ゴンゴンと足裏を叩く衝撃で、走れない。歩く。

これは悔しいというより、自分の甘さだと。前半を飛ばしすぎ。あわよくばサブ4もと安易な思いで走った前半。もっと計画的にペース刻まないとダメなんだな!そもそも走り込み不足なんだよね。なのに、前半、調子良いと思い込んでペース刻んだツケです。

スタートに立ったときの自分の状況を、冷静に思い起こしていれば、サブ4でなくてPB更新から始めるべきだったんです。PB更新だって今年は、何度もいうように練習不足という事実があって、調整できていないことを自覚すべきだったと。

こりゃ、ちょっと根本的に考え直さないといけないですね。ちゃんと計画的に練習メニューを立てて、ペース走や、ロング走、スピード走などこなしておかないと、思った結果は伴わない。思ったとおりに走れない。

昨年は完走できるかどうかの不安を踏まえてのスタートでした。完走を目指すその慎重さが初めてのマラソン挑戦で4:26:49という結果になった。それで変な自信を持った=フルを走りきることは出来る。だから今回はペースアップだなんて、、大甘だったわけですね。

黒部よ!来年また挑戦するぜ!!まってろよ~

【完】

 

サブ4は長い長い自分の目標にします!

黒部「迷」水マラソン(3)

目指せエイド制覇!

 

黒部名水マラソンはこの時期のマラソンなだけあって、エイドの充実が凄い!ほぼ2km間隔で給水ポイントがある。どのエイドでもボランティアの子らの、、、タブン学校で動員がかかってるのだろうw、、沢山の声援をもらえる!2km毎に、にこやかな声援をもらえるのだから嬉しい。

この気候だからというわけでなくても、全エイドを制覇したくなるってものだ!!

また、スポンジの箇所以外にも柄杓と水があって、頭からかぶろうが、足にかけようが、自由自在。場所によってはエアーサロンパスなども用意してあるから、これも助かる。ひとつ注意しなければいけないのは、「水」とあるのは黒部の美味しい水で、「ドリンク」とある所にしかスポーツドリンクは置かれていないことかな。

 

f:id:mzo:20180531220627p:plain

 

実際に、こまめな給水は大事だしね。そう思ってできるだけ給水はしっかりとって走った。が、途中で、2km間隔で足を止めるのはあまりテンポが良くない気がして。15km以降は一つ飛ばしでエイドを利用することにした。そのころは登りが一番キツイ、、、といっても、心臓破りの!ってほど急な登りでもない。だらだらと登っていく、あいかわらず自分の感じではペース良く走れていた。このああたりはまだ5:50/kmくらいで走っていたんだよ。

おっ?なんか調子良くね?もう少しで下りになるし、このペースでいけば結構良いタイムになるんじゃないか?サブ4もひょっとしてムフフ、、、2回目のフル挑戦でサブ4!達成。やるじゃないか自分!、、、なんていい気になって快調に飛ばしていました。給水もとばして、、、

 

f:id:mzo:20180531222043p:plain

ここで第一の反省ポイント。最初の10km、15kmは押さえて走るべきだったんだと思う。また最初に給水を小まめにとって、2km毎に足を止めてしまったこと。これもペースを乱すとともに、休み休み走る結果がハイペースにも繋がったんじゃなかろうか。そして、気付いたのが15km地点で慌てて給水間隔をあけるというのも無謀だったのか、、、なにもかも無計画にコースに挑んだ結果です。

ハーフなら、これでもよかったのかもしれないが、、、ここ数回はハーフしか走っていない、、、ここから地獄を見る!

 

足なんて飾りです。エライコトニ・・・