You are in rock

*いしのなかにいる*

5 5 ℃

つい最近までは気温が5℃を超えれれば暖かくなったなぁ、と、自然と肩の力が抜けちゃって春が近いのだなぁ、、、と、冬の終わりという事実を信じるように安堵した。それが今晩のこと、気温6℃のなかで、正面から吹き付ける風をまともに受けとめたとき。寒っ冬の再来!?、、、三寒四温?違う四寒三温じゃないかと、トンチンカンな事を思わず口走りそうになったのだ。

明かりも少ない田舎のスーパーは、まだ8時だというのにもう閉店間際で、駐められている車もまばらな駐車場を吹き抜ける風はとても冷たかったのだ。なにせ車も人も少ないところに、遮るもないアスファルトの上を風が吹き渡る。寒っ!

駐車場の北側の、建物の影の部分には汚れた残雪がまだ建物の幅だけ伸びている。そこっからジワジワと水がしみ出す物だから、駐車場の路面はいたるところに水たまりが残っていて、吹き渡る風は冷たくなるのだろう。

空には星もなく、月もないが、乳白色の雲がひろがってることはわかる。なんだか全体にうすらボンヤリ白い、春の初めの夜。6℃を暖かく感じるのが冬、寒く感じるのが春。結局は、どちらも、寒いなかを巡るこの身の、寒さに対する相対性距離間のもんだいだ。

youtu.be

新月の発光

www.tulip-tv.co.jp日本海の春の訪れのニュース。今年は早いなぁーっ思うのだけど、感覚的には4月とか5月って感じがある。動画だとあまりよく見えないね。拾い物の写真ですがこんな感じ↓

f:id:mzo:20180316180351j:plain

うちから歩いていけるところの海岸で見れるのだけど、実物はまだお目にかかったことがありません^^;。蜃気楼も立派なのはまだ見たことないし、意外に富山の人間でもホタルイカの発光といい、蜃気楼といい、実物を見たという人は少ないと思う。

もっともホタルイカの身投げは新月の深夜って決まってるから、まだ狙いやすいんだけどね。ちあんみに次回の可能性が高い日時は、3月17日の午後10時。これは狙い目かもしれない。天気次第だけどもね。

ちなみに身投げしたホタルイカは食用も可ですが、砂だらけであまりよろしくない。だからもらってもあまり喜ばれません^^;。それに、前にも言ったけど季節ものだからね、あまり美味しくて大好きって人は少ない鴨だw。