You are in rock

*いしのなかにいる*

【完走】金沢マラソン

金沢マラソン走ってきました。雨まじりのちょっと肌寒い一日でしたが、涼しくて走りやすかったです。ですが記録はのびず(PB更新ならず)^^;。途中、膝痛出現したり、初めての足攣りの洗礼を浴びたり、涼しくてトイレに2回寄ったりと、うはははなんか初めての経験だらけでしたがw。なんとか完走できて良かったです。

金沢マラソンは初だったのですが、町中を大胆に走るコースで、沿道の声援が途切れることなく最後まで続くのに驚きました。またコース自体もアップダウンもそれほどなく、走りやすかったです。なのに記録が伸びずとは^^;;;

ここちよい疲労を楽しみながらゆっくり休みます。レポートは後日。、、、なぜかデジカメのデータが消失していることに気づき、ショックを受けてふて寝しようと思ってることはヒミツ!!

f:id:mzo:20181028203211p:plain

気持ちよく走るために

音楽をききながら走る人は多いと思う。時に夜ラン派の人には多いのじゃないだろうか?夜は、景色もあまり楽しめないし、孤独に?一人夜の道を走るのは結構寂しいw。

最初のうちは、あまり道具とかこだわらなかったのだけど、というのも走り始めた頃といえばせいぜい20分走るのが精一杯だったから。それが5km、10kmと距離を伸ばす内に、当然、時間も30分、1時間、、、と延びていき。それも夜に帰宅してからのランが多かったから、田舎の夜の道は暗いw。

走ろうと思えばいくつもコースがあって、自宅は海岸線に近いから海沿いを走るのは気持ちが良いものだった。けれど8時、9時ともなると真っ暗になってしまうので、街灯の並ぶ比較的に明るいところをグルグルまわることになる。正直、毎日同じトコロを走るのは飽きるのだ。

なのでイヤホンを耳に突っ込んで走りだすのにそう時間はかからなかった。

www.sony.jp最初はこういうタイプのウオークマンだったから、イヤホンを耳にというのは正確にはちょっと違うか。あ、ホントの最初の最初は、普通にiphoneで付属のコードイヤホンで聞いていた。でも汗のせいかすぐにダメになったのだ。それで防水性能からウオークマンのWシリーズにしたのだ。

 こいつは結構優れもので単体で、耳にかけるように装着すればあとは何もいらない。本体メモリーに曲を保存できた。結構コイツはお世話になった。が、距離が伸びて時間も長くなると、携帯をもつ必要が出てきたもんだから。再びiphone+イヤホンになった。防水タイプのコードイヤホンを使った。

オークマンのWタイプとべると、音質はちょっと劣ると感じた。それにコードが邪魔に感じて、すぐにワイヤレスタイプを探す。最初は謎メーカの安価なものから始めたが、これがすぐに壊れる。安かろう悪かろう、、、片方だけ聞こえなくなる。走る振動で音が途切れる、ノイズが乗る、、、などで2台は破棄した^^;

それでBoseにたどり着く。ちょっとお値段ははるのだが、防滴仕様であること、最大5時間の連続再生が可能なこと、ちょっと大きめだけど装着するとこれが結構ピッタリで走ってもそう外れないこと。大きいから落ちてもすぐ見つけられるw。低音が結構きいてるのも好みでした。今はこれがイチオシになってます。

最近、あんまり記録を追求しなくなっていて、ファン・ランにどっぷり浸かってます。なので、ランニングでお役立ちになってるモノや、お気に入りのモノなんかを時々紹介していこうと思います。だったら最初はシューズだろう、、、ってツッコミはなしです。w

【REPORT】ほたるいかマラソン2018

 日曜に「ほたるいかラソン」を走ってきました。ハーフマラソンの大会です。今月末に迎える金沢マラソンに向けて、調整のつもりで参加しました。調整のためとはいえ、叶うならばPBもめざすぞ思ったんですが、結果は、、、みごと撃沈しましたw。

 こんな地方の大会に川内選手が来る!ということで早くから期待していましたが、、、凄かったです。確か先週シカゴの大会に出たばkりでは???と思いつつ、その早さに驚愕しました。途中に一瞬すれ違っただけでしたが、、、それこそアッという間、、、その早さにびっくりでした。

 また、当日は写真撮影にも気軽に応じてくれて、順番待ちの長蛇の列ができていました。さすがに並ぶのは気が引けてツーショットは諦めましたが。参加者の要望ポーズにも気軽に応じている姿に再び感動しました。大ファンになりましたよ。ミーハーです^^;。

f:id:mzo:20181015192657p:plain

ほたるいかマラソン | 公益財団法人 滑川市体育協会 [富山県滑川市]

さてと、不本意な結果になったのですがレポートをします。

 今月に入って気候が不安定で、特に週末に雨風となることが多く、学校や地域の運動会が延期を重ね、中止になったりしていたので、心配しながら当日の朝を迎えました。天気予報も雲マークで、ちょっと心配だったのです。ですが、幸いに、当日は朝から雲がちらほら浮かぶながら好転になり、ちょうどいいくらいの肌寒い朝となりました。気絶好のマラソン日和です。
 絶好のコンディションとなり、ならば、調整ランとせずにPBもめざそうかと欲がでてきてしまいました。ハーフでのPBは昨年のこの大会でのもの(1時間54分)でしたからなおさらです。なのでネガティブランでスタートしながら、後半は徐々にUPしよう。と、皮算用、、、6分10秒/kmで入って6分、そして5分30秒でGOAL。

 最初に書いたとおり、気温低め19℃の発表でしたから、いい感じにスタートが切れました。前半は集団にもまれ、かつ道も狭いことからいい案配でスロースタートとなりました。さて15kmくらいからペースを上げるぞと胸に秘めました。

 途中、10km地点で川内選手(ゲスト・ランナー)とすれ違いました。早い!早いってもんじゃない!!え?ええ?先週にシカゴを走ったばかりじゃないのか!まずスピードの驚くとともに、そのスライドの大きさ、跳ねるように走り去って行く姿はまるでカモシカのよう!

 初めて目にする、その道のエキスパートのマジの走りにびっくりしました。こんな地方の大会で川内選手の走りを間近で見られるだけで幸せです。ほんと道幅5mしかないような町中の道ですれ違ったんですよ。目に焼き付けるまもなく白バイに先導されながらビューン!でしたが^^;。
  それに奮発させられたわけじゃないですけど、当初は調子見ながらも15kmからペース上げてみようかと、腹づもりしていたんですが、ここらで、ちょっ上げてみようかと欲が出た。呼吸も上がってないし、いつもなら痛みはじめる膝もギシギシしないし、よしちょっとペースアップ!!
 しかし、2kmもその状態は続かない。すぐに体が重くなって、膝や足の痛みはないんですけど、どうも体が回転しない感じ。川内選手の跳ねるような走りを妄想してるわけじゃないんですが、全然前に足が出ません。ううっ、、ダメだ。と、一度折れてしまったココロは走りながら戻ってくれませんでした。後半はもうダメダメです。2本の陸橋にさらに削られて沈。 

 確かに、冷静に振り返ってみれば・・・

 走り込み不足!如実にその結果が出ただけです。ここ数ヶ月は月間100kmも走っていない。こりゃ欲をかいてる場合じゃない!ってことですよ。全く!フルマラソン前のこの段階でそれに気づけたことは唯一の収穫です。こりゃサブ4なんて言ってる場合じゃない。準備不足の一言。金沢マラソンでは完走を目指します(謙虚)。
 大会に合わせて準備する大切さがわかりました。BS日テレの「サブ4」見て本番までのステップを見ていたはずなのに、自分には全く計画ができていませんでした。

 「走った距離は裏切らない」といいますが、「走らなかった距離もまた裏切らない」んですよね。それに、ハーフといって慢心していたのもしかりです。ハーフを走りきれるかと?心配していた頃は、しっかり準備していましたからね、ちゃんと今の自分の状況を踏まえて、ペースを考え計画することなしに満足な走りは実現できない。そのことを、しっかり肝に銘じなければと実感した大会となりました。

 

f:id:mzo:20181015195359p:plain

f:id:mzo:20181015195406p:plain

f:id:mzo:20181015195411p:plain