You are in rock

*いしのなかにいる*

E日E人

悪い出来事に遭遇しないですませることはできない。なんらかの事件、事件とまで言わなくても”運悪く”とか”都合の悪い”とか、そういう事は日常茶飯事にあるのでアル。まるで『満帆順調』なんて!そんなコトバは晴天無風の太平洋のど真ん中ぐらいにしかあり得ないんだ

 

コトの大小は問題ではない。悪い出来事が持ち上がったときに、自分の周囲に存在するのが良い人かどうか、、、イイ友人に、イイ同僚に、イイ家族、イイ隣人。良い人にどれだけ囲まれてるかで、悪い出来事の迎え方はまるで違う

 

たとえば気の合う良い仲間が同じ船の船員であれば、どんな大きな波でも乗り越えられる思う・・・実際に乗り越えられるかどうかは別にして・・・大波に向かうキモチは意気軒昂だ。が、逆に同じ船にのりこんだ船員がとても自分に会わない状況だと・・・どんな腕の良い船員ばかりでも・・・とても波には立ち向かえそうにない気持ちになるだろう

 

イイ仲間とならやっていけるのに、、、そうじゃないからやっていけそうにない、やっていけない、と挫けそうになるのは、職業人としては我がままなコトだろうか?