You are in rock

*いしのなかにいる*

明けない週はないけれど

f:id:mzo:20120909161524j:plain

夕陽が落ちる時間にはまだ少しばかり早いのですが、こうしてお日様をカメラの中に入れても激しくハレーション起こすことがなくなりました。ほとんどオート撮影しかしないのですがごらんのとおりです。カメラの性能もよくなってるからかもしれませんが、、、

 

さて日曜の午後から昼下がり、夕方にかけてのこの時間帯は意外と微妙な心持ちになります。ああーぁ休みも終わってしまう、明日からまた仕事だ-。休み前にはあんなに休みが来るのが待ち遠しいのに、休みの前日なんて仕事が明けた瞬間があんなに希望にあふれているのに、いざ休日が始まるとあっというまに午前中なんてすぎてしまいます。半分は寝ているからね^^;

 

で、あわてて起き上がるとすでにお昼近くとなっていて。あわてて朝食兼昼食をとり、さぁ休みをどうしよう?と思う。そもそも前の週からあんなに休みを待ち焦がれていながら計画立てない自分が悪い。それはこれまでの、毎週、毎週、、、それこそ小学校中学校の夏休みの頃から同じ過ちを繰り返しているわけですが

 

やっぱり、終わりゆく休日の西の空をこうして名残惜しげに眺めていることになるわけですなぁ。そもそも休みに計画なぞたてずとも、、、ぼーっと過ごすことにもどかしさを感じなければいいのです。むしろ予定のないなにもとらわれない一日を、ムダに過ごせる、その贅沢こそ味わうべきなのですが、、、まだまだその境地にはたどり着けず鍛錬たりませぬ

 

とにもかかくにも沈みゆく夕陽にその日の終わりを惜しむのか新しい明日の到来に期待するのか、夕陽の見え方も人によって異なるのでしょうね・・・

 

f:id:mzo:20120909145200j:plain

 

そう思うと残暑厳しいビジネス街の通りも、過ぎゆく夏の終わりを惜しむようにひっそりと営業を休んでいるようです。夏の太陽が戻ってきたかのような今日の一日に、日差しはサンサンと降り注ぐ、、、しかしどこかしか空が高くなって秋めいていますね

 

f:id:mzo:20120909161419j:plain

 

今日は短い午後の時間に、知り合いの絵を見に行ってきました。もう夏休みも終わってるからか人影も少なかった、、、日曜のこの時間だからでしょうか。また真夏なら向かいの山側からは蝉の大合唱のはずですが、もうそれも聞こえません。静かな夏の終わりと秋の始まりを感じましたです