You are in rock

*いしのなかにいる*

猛暑!

立秋というのがまったく名ばかりで、夜半すぎても日中の陽の臭いがアスファルトの上に濃く居残っていて。日は照っていないのに路面からの熱反射がハンパない。軽く残業をして一人職場を出ようとしたら、こりゃ裸足になろうゼ!と脳内でもう一人の自分がつぶやいた。確か車の中にはサンダルが一足あったはず。すかさず裸足になって車まで駆けて、、、駆けていくときの足の裏の熱いことといったら、、、もう日はおちてしまったのに熱いったらありゃしない!。途中の側溝の蓋が鉄製だったものだから、これまた熱さにびっくりした・・・

 

で、車の中で、、、おろ?サンダルが見あたらない。一度脱いだ靴下を再び履く屈辱といったら!!!暑さの、、、

 

倍返しだ!