You are in rock

*いしのなかにいる*

聞こえるか?トム少佐

LIFE! - ジグ・ノート を見るまですっかり忘れいたのだけど( ジグ (id:jerryrollsunny)さん勝手に引用ゴメンなさい)、ナゼだろうあんなに気になってしょうがなかったのに、いつの間にかこの映画のことをすっかり忘れていた。いつかの映画の予告編で見て、どこかのブログでベン・スティラーを紹介していて、そこで気になったのだったか・・・

▼こっちでは6分Ver.を紹介する


映画「LIFE!」 《人生が変わる》6分間予告篇 - YouTube

 

最近。映画だけでなく演劇や小説にしても期待していた作品を、いとも容易に忘れて見(読み)逃すようなった。いつしか自分が、こうもうっかり忘れることの出来る年齢になったのかと、少し自分を残念に思う、、、のだが。さてその原因は単に年齢の問題ではないような気がした

いや、年齢の問題というのはこういことなのかもしれない。自分が生きてきた長さを、知らず知らずのうちに自負してるのだな。ついつい「出来事」を安易に考えてしまう。「おっこれは気になるなぁ」と瞬き感じても、いかんせん何年も、何年も同じコトを感じていれば、そこそこ予想も付く、いや予想がつく気になって自分の暮らしに・・・飽き飽きしながら・・・そこから抜け出せなくもなるのだなぁ

たった一片の、たとえ得体の知れないカケラだとしても、それを探しに飛び出すことをしないで、それが大したコトではないなんて。自分の世界に閉じ籠もっていたら気付かないものだ。それに気付くのは本当にラスト・チャンスのそのときだけ

ほんとうに、偶然にも^^;LIFE! - ジグ・ノートで紹介されているのを見て見逃さずにすんだんだ。人生では自分のこれまでの長い経験にあぐらを掻いて勝手にタカをくくってしまう、もしくは感じる自分の能力を忘れていることがままあるのだ。見なければ気付かないまま、走り出すことをいつしか人は忘れていく。妄想を抱いても現実に一歩踏み出すことはしなくなる。すれ違っていった大切な贈り物をポイと捨ててしまうんだ、、、

そんあ僕のうっかりを拾ってくれてありがとう! ジグ (id:jerryrollsunny)さん。そしてトム少佐によろしく