You are in rock

*いしのなかにいる*

正義はないのか

 

だから俺たちは戦うんだ・・・

 


I Shall Be Released - 映画「チョコレート・ドーナツ」より【日本語字幕】

 見のがしていた「チョコレート・ドーナッツ」が再上映されていたので、あわてて観に行った。ココロの準備が出来ないまま劇場にはいり、めっためたに打ちのめされて出てきた

正義は勝つ!ではなくて、誰か・・・みんな、同胞、神・・・が見ていてくれるから、いつか報われることを信じて頑張るのではないのだ

 

「正義なんてないのかっ」

 

「君は法律学校で最初にそれを習わなかったのかぃ?・・・」

「・・・だから俺たちは戦うんだよ」

 

そうだ誰のために生きてるわけではなく、報われないことを、誰かのせい、ナニかのせいにしてはイケナイ

 

といいながら。決してハッピーエンドでは終わらず。ましてやとても後味の悪い終わり方もする。これが君らの戦い方のしめくくりなのか?時代が違う、価値観が全然違うからといって、こういうエンディングはないだろう?無力なモノ達にできることがこんなしっぺがえしのようなことであってはならない。最後にそう思ってたら、非常に悔しくなって、ますます涙がとまらなくなった、、、帰り道