読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

You are in rock

*いしのなかにいる*

春の日の夕暮れ

もしくは、年度始めの時の過ぎゆく早さよ。まだ3月のつもりでいたのはヒミツ!そうか、もう4月になっている。ありゃりゃ、正月さえついこの間だった気がする。それが早、桜も咲き始めて、というか今日あたりは満開だったかも。え?もう散り始めているって・・・とにかく時間の流れに乗り切れていない。

大量の仕事の山を前に、山ごもりをしていたら、とっくに雪が溶けていて、もう山を下りてなきゃならない時分だというのに、いつまでも山の中にこもっている感じ。気づけば他の仲間の姿も見えず、一人取り残されてしまったかのような、、、やっべぇ!置いてかれたwww

と。慌てふためき、シゴト山の斜面を走り下れば、それでもまだたっぷり残るシゴト=残雪の雪崩にまきこまれてぐちゃぐちゃになった。ほら、そんな慌てるからだ、、、と廻りに冷笑をあびせられつつ、、、

こうして下山=平常営業を開始しております。山には、たっぷりと昨年度分のシゴトを残してきましたから。振り返って仰ぎ見れば、山の残雪がしっかりと目に映えます。その雪映は一向に消えずに、年々その範囲は広がって、万年雪となって増えていきます。

そろそろいい歳だし、山に登るのは辞めようwww仕事は逃げないよ!なんか変な夢を見たらしい。仕事の山がいつも視界の隅にあるのです