読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

You are in rock

*いしのなかにいる*

はるであーる。

ここのところの寒暖差はとても体にこたえる。もうすこし若ければ、、、ほんの少しでよいw、、、そんなには気にならなかったろうか。それとも若い方が感受性やらなんやら身体的な”感度”も鋭くて、よけいにキツク感じるものであろうか?この年になるとはやうろ覚えで、自分がそういう若々しかったころを覚えていないものだなと、ふと気になった

たしかに今とは違う肉体と精神をもっていたことはわかるのだが、その実感がともなわない。あのころの感覚はこの体には起き上がらない。はて?さて?ははーん?である。今のこの古びた肉体とココロのままに生きていくしかないのだな。そうして、こういう状況に、今の身体的性能に慣れるころには、はや次のVer.の身体に変容しているのだから。いつまでたっても自分の身の丈にはおさまりそうにないね

春だから気づくことでもある。これが、夏や冬の訪れであればそんな悠長な・・・振り返る・・・余裕はない