読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

You are in rock

*いしのなかにいる*

気付かなかったナ

夏が

気付けば稲刈りが終わっていた。まだの田んぼもいくらかあるが、ほとんど刈り取られてしまって。なんだか急に視界が開けたようだ。こんな状態にすぐに気付かない自分もどうかしている。秋、冬、春と一年の大部分は田んぼに稲がない状況が普通なのだから、あれだけ密集している稲穂がなくなればすぐに気付きそうなものだ。なのに焦げ臭い臭い・・・籾殻や藁を焼く臭い・・・でやっと気付くなんて、どれだけ周辺に気をくばっていなかったことか

悔やまれる

季節に埋もれてしまうとは、こういうことだのだな。季節に置いていかれた、取り残された、自分だけがここに残されている。そんな寂しさのようなものを感じるのは、秋のせいか、あれだけ暑かった夏も気付けば、吹く風が少し冷たくも感じるようになって、流れていく時間にうまくこの身を合わせていられないような・・・ああ、どうしよう。夏が終わってたんだ

 


Blowing In The Wind (Live On TV, March 1963) - YouTube

風の意思を聞けよ