読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

You are in rock

*いしのなかにいる*

30kmの壁

ランニング

 土曜日に人生で2度目の30kmランに挑戦した。本番は秋のフルマラソンだが、30kmという壁にもはや「乗り越えられない」感でいっぱい一杯である。ふむ思えば3kmがきつくて挫けていた頃、5kmの壁、10km、20kmと何度も立ちふさがる壁にぶち当たって乗り越えてきた実績はある。たしかにそのたびに挫け、挫けながらも忘れた頃に再チャレンジしてきた。そして乗り越えられた。

でも、30kmの壁は決定的に違うと思うのだ。いままでのどの苦しさとも違う壁。たとえば5km、10kmくらいまでは呼吸苦が一番の苦しさで、息が上がるのを堪えつつ走ってたどり着いた。さすが20kmになると呼吸苦よりも身体的な限界を感じ、それでもペース調整すれば達成できることを覚えた。

10kmでは途中の給水やエネルギー補給も考えずに走り続けられたし、20kmでもなんとか堪えて走り続けられた。もっともさすがに20kmは給水とエネルギー補給で格段に楽になることもわかり、ちゃんと準備して走るようになった。まぁある程度のタイムでよければ、自分でペースコントロールして完走できたのだ。

だが、30kmの壁は違うと気付いた。今回2度目のチャレンジで、さすが初めて挑んだ30kmのようなグダグダ・・・20kmからはほとんど走れず歩くことが多かった・・・状態に陥らなかったが、それでも25kmくらいで足が前に出てくれない、自分でどうしようもない状態に陥る。出だし若干スローペースをこころがけたから走り続けられたのだと思う。

だが、それでも、もっとスローなペースであれば余裕をもって走ることができるかと思えば、そうなればもっと走り続ける時間がかかるわけだ。3時間30分以上、4時間はかかるだろう。そんな長時間を活動し続けられるのかという『恐怖』がそこにはある。距離よりも時間の壁が立ちはだかっているのだ。7分/kmペースで延々走り続ける状態が想像できない。かといって3時間ではしるなんて無理。ここらあたりのイメージが実感を伴い想像できないところが、今の僕の限界だろう。

もう一度30kmを挑んでおくべきだろうか?正直、悩んでいる。残された時間で30kmに再挑戦する勇気が、今はまだ持てない。ゆっくり時間をかけて走る、それで長時間かけて走るイメージ。わからないまま30kmに挑んでもペースが計れない気がするのだ。10km、25kmを3時間半くらいで走って見た方がいいのかなぁ?

うーん、それと今回の30km走で気付いたことがもう一つある。長距離走ってくうちにシューズが小さくなってるんじゃないかと思ったコト。走り出しは中指、薬指は全然フォアにあたらないのに、いつのまにかあたって、足をつく度に痛みを覚える。踵は緩くなってることはないし、なのに指先があたる。走ってると足が伸びてくのか?

シューズは店員さんと相談して買ってるが、つま先は1cm程度あいてるシューズにしている(普段履く靴のサイズ+0.5くらいです)。走ってるうちに足が広がってつま先があたるのなら、もうワンサイズ大きくてもいいのかな???

 


Steppenwolf - Born To Be Wild