You are in rock

*いしのなかにいる*

巨星墜つ

ミチロウが死んだってよ

f:id:mzo:20190502160327p:plain

ショックだ。

4月25日のとのことだってさ。

世の中が平成だ、令和だ、と狂騒中に、テレビはここぞと「あの時代はこうだった」と時代が変わると騒いでいるが、平成から令和へ年号が変わるのであって、それと同時にバッサリと時代が変わるわけではあるまい。

そうした喧噪のなかでひっそりと亡くなっていた。昨年の暮れに闘病するとは聞いていたが、復活をっているうちに忘れていたのもしかり。膵臓がんで亡くなった。

スターリンの曲に触れたのは仙台でのライブのことだったと思う。とても何言ってるか聞き取れない、アジテーションのような歌声?叫びに耳を焦がされ。知らないうちにその熱渦のなかに巻き込まれ。そうだ、目が覚めたと思ったのだ。

海外のパンクムーブメントから、日本でもいろいろなバンドが現れ、メジャーにもなったものもあったが、ミチロウこそまさに王道のパンクだった。久しく忘れていた熱量あるロック、、、パンクだ、、、に酔いしれる。そうそう頭脳警察PANTAを超えるヤツが出てくるとは!と驚いた。

日本のロックも基本は消費文化のなかに埋もれつつあって、昭和の後期には時代の変化をまだ若かったw僕自身も肌に感じていた。しらけ世代だの三無主義だの、新人類だの、、、よくわからないとされる若者が現れたころ、僕自身もそういう気質の変化を時代の変化のなかに感じた。

そこへ出現した彼ら、かなりショックだった。曲の歌詞はほとんど聴き取れずw歌詞カードもただのアジテーションにしか読めないんだけどね。ミチロウの歌ってるときとは全然違う、生身でのしゃべりの中には、ぼくとつとしたしゃべりだけどなにかが輝いていた。

そのわりには数年もしないうちにミチロウのことは忘れちゃったけどね^^;


The Stalin - 虫/Mushi - 12 虫/Mushi

次に、彼の活動がまだ続いていることを知ったのは『3・11』のあとで。東日本大震災の復興支援活動に地道にライブ活動を続けている姿が報じられてのことだった。再びのミチロウの姿に、『3・11』の雰囲気の中で思い起こされることがあったんだよね。

あの地点も何かの潮目だったかもしれない。潮目、潮目にミチロウが現れる。そんな気になっていた。昨年の闘病宣言の時もかもしれない、、、個人的に思うことが多かった時期だったし、、、

平成が令和になっても、時代が変わるわけじゃない。でもミチロウの死には時の流れの速さを思わずにいられない。時代はゆったりと大河の流れのようにながれていくが、その流れのなかで、いつまでも平然と棹さしていられようか。

 

 

ご冥福をお祈りいたします

 

第39回魚津蜃気楼マラソン(レポ)

さて、当日の朝を結構の不安を感じつつ迎えた。まず天候、雨が続いていて天気予報では回復するとのことだったが半信半疑。なんせ前日は霙交じりの天気で冬の寒さが戻った感じ。これじゃ真冬のラン衣装を考えないと、、、と思いつつ当日の朝は見事な快晴!遠く山並みは新雪に輝いていたけれど、雲一つないという奇跡のような天気。これほど天気予報に感謝したことがないなぁ。

 

f:id:mzo:20190429204135p:plain

会場は魚津市の海岸近くで、条件が良ければ蜃気楼が観測出来るエリア『しんきろうロード』と名付けられているエリア。実際にコースの一部はその海岸線を走る。海岸線とアルプスとに挟まれた風光明媚な地域でもあります。海岸線と山並みと、田んぼwあ、街中も走りますよw、コース的には折り返しのコースになりますが結構良い感じのコースだと思います。さて、観光案内はこれくらいにして、今回のレースレポートといきます。

f:id:mzo:20190429205032p:plain

f:id:mzo:20190429204122j:plain

今回でこの大会への参加は4回目になります。私にとって人生で初めてマラソン大会と名がつく大会に参加した大会です。自分的にマイルストーンと位置づけている大会です。北陸では冬の間は、本格的な大会はないので、春マラソンとしての最初の大きな大会でもありますね。

初めての大会参加のとき2時間切りで走りました。その後、毎年参加していますがあまり成績は振るってません。2時間を切れないまま経過しています。今回、久しぶりに2時間ギリ達成です。あーぉ、成長してないなぁ^^;振り出しにもどってきた感じw。

 

oops.hatenadiary.com

初めての参加の時って、とにかくちゃんと完走出来るかどうか心配が大きかったですね。なんせ20kmなんて練習でも走ったことがなかったまま友人に誘われるまま参加でした。タイムよりも持ち物の準備とかコース間違えないかだとか、会場へ辿り着けるのか、車の駐車はできるのかとかとか、そんなことばかりに気をとられ不安maxで参加したこと憶えています。

その後に、フルも走りました。他のいくつかの大会に参加して行くうちに、大会参加絵へのストレスはなくなりました。が、それと同時に緊張感が足りなくなったのでしょうか、完走は出来るだろうという楽観的な気持ちでレースに向かってたのでしょう。結果、惨敗を繰り返してる感じです。

最初の頃は、レースペースとか事前によく考えてたんです、、、最初は6分で入って中間までガマン、余裕があれば最後はペースアップだと、それだけですけどレース全体のペースを考えてたのです。

それが、いつしか他の走る人の流れに身を任せるままで、最後余裕があれば上げようくらいにしか考えなくなってしまいました。結果、最後に余裕なんて残らない^^;膝は痛くなるし、股間節もなんか動かない、足は攣るし、、、そんなことの繰り返し。完走はしてますが。最後まで気持ちが続かなくなってました。

で、今回も、あんまりレースプランは考えずに走りだしました。練習不足もあって、ロング走も全然やってない。とてもプランなんて立てようがなかったわけですけどね^^;。まぁ、走れるだけ走ってドコまで持つか身を任せよう。とりあえず6分切るくらいで走れればいいやっていうペース走の感覚です。

時計もみないで走り出し、結果が、最初から結構飛ばし気味でした。1kmを5分30秒を切るペースではいって、ところどころ5分20秒くらいで走ってますね。最近やっと1kmを5分30秒を切って走れるようになったくらい。それもせいぜい5kmか、10km程度だったんですよ。

なので、この日スタートから5分30秒切るペースで走ってるのと言うのは、結構ポジティブな突入です。イケるとこまで行ってやろうという感じだったのかもしれません。正直何も考えないで走ってました。

結果、わりと最後までそのペースを持続出来たかなと思います。中盤、終盤にちょっとストレッチ入れていますのでペースダウンしてます。いつもの左膝痛が出てきたためストレッチしたところです。

最後まで5分30秒ペースを維持出来た。まぁ、ペース走で走り切れたと思うべきかなと。ただ、ハーフで一精一杯だったから、とてもフルをこのペースでは持続出来そうもないです。来月には黒部名水マラソンが控えている~。

ロング走、スタミナ保持、これが課題になります。スピードももう少し欲しいなぁと思いますが、第一課題は、最後まで気持ちを維持して走ること、そしてペース配分もちゃんと考えること、ネガテイブ走で最後にあげて走りきりたいな。せめてラスト2km位は1kmを5分台で走りきりたいですね、、、

なかなか練習の時間とれないんですが、それだけに練習の中味を本格的に考え直してみたいです。できるかな^

 

f:id:mzo:20190430110630p:plain

 

第39回魚津蜃気楼マラソン(結果)

魚津蜃気楼マラソン走ってきました。なんとか無事に完走。2時間切りも達成できました。PB更新とはなりませんでしたが、心配していた後半走りきれるかということもなんとか走りきりました。

天候も良く、気温は低めで、出走前には服装で悩みましたが、結局半袖Tシャツでランで大丈夫でした。だいたい10℃前後だったと思います。風もなく走りやすかったと思います。あとは、、、自分のスタミナと練習量が及ばなかったというワケです^^;

とりあえず報告まで

f:id:mzo:20190428153212p:plain

 

 

f:id:mzo:20190428154128p:plain