You are in rock

*いしのなかにいる*

天冥の標、完結

f:id:mzo:20190311174116j:plain

ついに完結である。第一巻を手にしたのはいつのことだったか、、、実はハッキリ憶えているのだ。なにせ北へ向かう寝台列車、トワイライト・エクスプレスの車中であったから。え、それが何年前か?って?え?え?えーっと、、、それはわからないw^^;ただ寝台のツインのベッドで揺られながらセナーセー市の雰囲気を味わった。今思うと奇跡のような瞬間だったと思う。鉄道の匂いと、セナーセー。雰囲気がズバリ、マッチしている。

今調べると、第一巻がでたのが2009年となっている。あれから10年たったのか、これだけの年月をかけ追いかけて読み継いできた作品はない。途中、話がいくつも分岐しあちこちに飛んでいく、いろんな人物の物語が紡ぎ出されるものだから、はて?こんな拡散していって、最後にはどうなっていくんだ?正直、読んでて不安になった。

パンデミックの話、差別の問題、性の問題、銀河大戦争、、、ありとあらゆる話が始まっては、別の話へ飛ぶものだから、最後がまったく予測つかなかった。体としてどこへ収斂させるのか、結末は???と思っていたのも7巻、8巻かくらいの頃までで、

それ以降はもう勢いで読むしかなく。実際展開はスピードアップし、どんどん物語は収斂していったのだけれど。あれ、この人物はあのときの、あ、これはあのときの続きだ、、、なんだっけ?と思いつつ今更読み返すわけにもいかず。勢いで読み切りました。

 うーん、もういっかい読み返せば違う風に読めるのだろうと、確信できますが、いや、いまはまだ手を付けられそうにないですな。そもそも話は終わったのか、ちゃんとエンディングを迎えられたのか疑問に思っている。今からまた派生したストーリーがいくつも出て来てもおかしくない。出れば読むと思う。懲りもせずw

今は読み切ったという満足だけでお腹いっぱいです!はは、最後ストーリーに乗り損ねていて、結末がどういう意味なのか実は真意を測りかねているのはヒミツ!

累計40万部に迫る大人気シリーズ、ついに完結! 小川一水『天冥の標』シリーズ完結記念ペーパー、一部公開!(1/2)|Hayakawa Books & Magazines(β)

もう一度読み返せるかなぁ

2019/03/11 17:44